L-Cysteine

自己主張がしたい

土曜プレミアム

 

 

 

ロンドンでは昼でした。

フィリピンの思い出(フィリピン生活その2)

日本は記録的な寒波が来たり、雪が降ったりと大変なようですね...

現在英国のロンドンに滞在しています。前回のブログから一ヶ月以上経ってしまった。これはいかん。

ロンドンでの生活は次の記事にするとして、フィリピンでの生活について前回の記事で書けなかった部分を書こうかなと思います。

 

我々のような人種にとっては食料や電力や水道に匹敵するほど重要なインターネットですが、フィリピンでは日本などに比べるとあまり快適にブロードバンドインターネットを利用できないというのが実情でした。

私の学校では敷地の一部でWifiが利用可能だったのですが、時間や日によってコンディションに天地の差ほどのバラつきがあり、「天気に左右される」とまで言われていました。(本当か?)

Wifiがこんな状態だし、海外行きのためにSIMフリー機のiPhone6sを持っていたのもあり、到着二日目にして回線を契約することにしました。

しかしまずショッピングモールの構造が面倒。携帯本体とSIMカードは2階、プリペイドプランに課金するカウンターは1階。英語もろくに話せない上にスタッフもあまり親切ではないのですげえ苦労しました。何度も1階←→2階を往復する羽目に。しかし先輩(?)の台湾人の学生に助けられてなんとか完了。

この時のキャリアはGlobeというキャリアで、インターネットのみ30日分のプリペイドプラン。

英国で言うPay as you goです。

30日分999ペソ、一日800MBまでデータ通信できるというプランでした。(Tweetの「使い放題」は正確ではない)台湾人もそれを使っていて、彼は4Gで通信出来てたのに私はなんか違うSIMカードを買わされてたみたいで何故か3Gでしか通信できず。

1ペソ=3円くらいなのでそんなに安くないような、0.8GB×30日なので24GB制限のプランだと思えば安いような...。

↓公式サイトです

GoSURF | Plans and Promos | Mobile Internet - Globe

どうやらプランの中身が変わってしまった様子。もしフィリピンに行く機会があればご参照ください。もしほしいという方がいらっしゃれば、3Gしか使えないSIMでよければ差し上げますのでご一報ください。

 

通信状況としては学校のWifiよりはよほどマシでした。テザリングもできました。遅かったけど。ちょろっとした調べ物やLINEを利用するにはあまり困らなかった印象です。

出かけるときにGoogle Mapで確認しながら行きたかったのですが、なんとフィリピンには詳細な地図を作っている組織が存在しないので幹線道路しかGoogle Mapには表示されません。まったく役に立ちませんでした。やったね!

 

つづく。

フィリピン生活

皆さん12月の日本は寒いですか?

私は毎日強烈な日差しと猛烈な雨と蚊とその他色々と格闘しています。

 

現在フィリピンのマクタン島(リゾートで有名なセブ島の空港が有る島)の語学学校にて留学中です。滞在期間四週間のうち半分ほどが過ぎたところで、どんなところかをまとめておきたいと思います。

 

この国は実際治安がそこまで良くもなく、無論水道水は飲めません。しかも暑い。

とりあえず学校の中にいれば安全です。塀と有刺鉄線で完全に囲われており、ゲートでは拳銃を持ったセキュリティが24時間警備しています。寝泊まりする寮も校内にあります。

 

水道水は飲めない上に海水を含んだ地下水をろ過しているため妙な味がします。

校内に数か所ウォーターサーバーがあるので飲用水は専らそれです。

 

寝泊まりする部屋は一人用から三人用までありますが部屋の大きさは全て同じ...

つまり三人用の部屋はかなり狭いです。俺はお金をケチったので三人部屋です。

しかも二段ベッドの上をあてがわれたので熱帯特有の大雑把に強力な冷房の直射を味わえます。(しかも時々壊れる。その時はクソ暑い)

 

食堂では日本料理っぽいものや韓国料理っぽいものやフィリピン料理が出されます。

米はジャポニカ米とインディカ米を混ぜて柔らかめに炊いたような奴ですが食べられなくはないです。

 

一日のスケジュールとしては

0700  朝食

0810 午前の授業開始

1200 昼食

1310 午後の授業開始

1700 夕食

その後はルームメイトや隣室の台湾人とI miss Ramen...とか話したり自習したり

2400 寝る

というのが平日の生活です

 

授業は1コマのグループレッスン(Pronounciation)以外は講師とのマンツーマンレッスンです。時折「サラリーが安い」とか言ってきますが、熱心に指導してくれます。

科目はPronounciation以外にSpeaking、Listening、Writing、Reading、Grammarなど...

講師は皆地元のフィリピン人。女性の講師が6割、残りの4割はゲイです。

 

他のことについてはまた。

心が書きたがってるんだ。

このブログは私が英語の習得のためというか見聞を広めるためというかそのような目的で計画している

2015/12/06 - 2016/01/03のフィリピン、セブ島での語学留学と

2016/01/10 - 終了日未定(ビザは二年間)の英国での生活

で起きるであろうなんやかんやの出来事やその他のことを書き綴るためのモノです。

可能な限り更新していきたいのでよろしくお願いいたします。